目的・意図

アイアムマージの目的は二つあります。
一つには、高次の存在がより安全に「物理的な肉体の乗り物」に降りてくる(統合する)ことができるように、物理的肉体とエネルギーボディの両方に「安全な領域」を形作ることです。高次の存在とはより高い次元のハイアーセルフ、そしてその人のオーバーソウルを含みます。その構造が整っていれば、ハイアーセルフや肉体にとって、統合はより穏やかで快適になります。

ハイアーセルフとの統合はリキャリブレーションや対面のマルコニクスヒーリングによって起きますが(ハイアーセルフの考える必要なタイミングで)、アイアムマージ後はよりスムーズに、より日常的な感覚で起きることになります。

もう一つは、高次元から降りてくる光の情報を受信し、解読し、実行するためのインフラを構築することにあります。 私たちの世界を光に戻すために、私たちの存在の全能力を、3次元のエゴの罠から自由になり、完全に権限を与えられ、 多次元的意識を活用できるように私たちの中で作動させなければならないということです。

アイアムマージは光、高調波、幾何学といった「高次の存在からのギフト」を使う事によって、 人のエネルギーフィールドと物理的な肉体の中に一連の幾何学的構造を作り出すことができるようになります。 その幾何学構造は光の周波数、銀河の音を解読し、実行させるようになります。

これはスマホやPCのオペレーションシステムが自動更新されるようなものです。 高次元で必要なアップグレードが準備されるとそれが自動的にダウンロードされ、実行されることで、いつの間にかアップグレードが完了することに喩えることができます。

突き詰めると、アイアムマージはエネルギー体を拡大し「乗り物としての人間・肉体」と「肉体の中の人格」が オーバーソウルとの統合・融合に問題なく耐えることができるように、銀河DNAを整えていくということです。この「安全な領域」はオーバーソウルあるいはハイアーセルフ達を人間の肉体の中に包含することができるようにするものです。この肉体は独自のライトボディテンプレートと一緒に活性化されたものです。

これはサイキック手術であり、松果体周辺の石灰化したものを除去したり、クラウンチャクラやベースチャクラの形を変えることで銀河や地球からの情報受信に係る新しい機能を持たせること、統合のための器をエネルギー体に重ね合わせるように整備すること、胸腺チャクラの作り直しなど、とても多くのことが行われることになります。 この施術はその人を守護する立場の高次の存在と一緒に行うことが多いです。

「ハイアーセルフ」と「オーバーソウル」

それで「ハイアーセルフ」と「オーバーソウル」という単語がでてきて、混乱する原因になるかと思いますのでご説明させていただきます。
ハイアーセルフの説明の前にオーバーソウルから説明すると判りやすいかと思います。
スピリチュアルな観点から「過去、現在、未来とは、リニアなものではなく、すべて今、この時に並行して存在している」と言われています。そして過去、現在、未来というような各時間軸、我々のいまいる3次元はもちろん、高次・低次といったすべての次元に自分が存在していると考えられています。そして無数の自分を生み出している(元になっている)高次の魂がオーバーソウルです。

そういう意味ではオーバーソウルはすべての時間軸、次元に存在して自分を見渡せる存在と言えます。つまり「オーバーソウルが降りてくる、そしてオーバーソウルにアクセスする」ということの意味はすべての時間軸と次元に存在する自分を理解する、ということです。 そして、例えば私はこの一つの人生を今こうして体験していて、私は今世の自分のことしかわかりませんが、オーバーソウルにアクセスできるようになると並行して進行する人生すべてを理解できるようになるということです。私たち一人一人にオーバーソウルがあります。言い方を変えるとオーバーソウルはすべての自分を観察していると、言えます。

「ハイアーセルフ」はオーバーソウルの一部です。ハイアーセルフではよく「高次の自分」「拡大された自己」というような言われ方をしますが、「セルフ」の意味は「自分」であり、物質世界の「自分」に対して、3次元的なしがらみや固定観念、思い込みなどのない、魂の状態の「自分」のことです。「純粋な自分、光の状態の自分」とも言えます。12次元に至るそれぞれの次元に存在します。

このハイアーセルフはオーバーソウルから生み出され、3次元の自分にインスピレーションや導きの形で働きかけてきます。3次元の自分からのベクトルとしてはまずハイアーセルフ、それからオーバーソウルということになるかと思います。ちなみにオーバーソウルの集まりが「集合意識」です。 下記に自分なりにイメージしてみました。

受けるに当たって

1. 「マルコニクス・リキャリブレーション」を受けてから、最低1か月以上経過していること。 ※ただしリキャリブレーション後のプロセスがまだ強く作用しているように感じている場合には、それがある程度おさまったと感じてからにしてください。そのプロセスは肉体のミューテーション(不快感・痛み等)、感情的な解放などです。

2.当方(森 貴浩)との継続的な関係性があること。また、当方から「リキャリブレーション」を受けたか、他の方から受けた方でその方からの私への紹介があること。
※これはセッション後、さまざまな症状が現れた場合、それに対処するため、皆様とアセンションの階段を一緒に登ってサポートして行くことが大事との考えによるものです。

3. 「アセンションの道を進むことに全力で取り組むこと」を決めていること。

4. アセンションにあたり、次なるステップに進む心の準備ができていること。

料金

57000円(日本統一価格)

回数・時間

アイアムマージは2回で1セットです。
2日連続で2回、もしくは1日空けて、といったように24時間以上空けて72時間以内に2回のセッションを行います。

セッション後のこと

【マルコニクスのアイアムマージ1回目と2回目の間のこと(当日を含む)】
1. マルコニクスのアイアムマージの間は、その他のエネルギーワークを受けてはなりません。
2. ニコチン、カフェイン、アルコール、セックスを慎んでください。
3. チャクラの回転(回り方や速度)を変えるような瞑想は行わないでください。

【マルコニクスのアイアムマージ後(約3~4週間)】
1. しっかりとマルコニクスのアイアムマージを経験するために、3~4週間はいかなるエネルギーワークも受けない・やらないことをお勧めします。
2. チャクラの回転(回り方や速度)を変えるような瞑想は行わないでください。
3. マルコニクスのアイアムマージを受けた後は、マルコニクス・ヒーリングとエネルギーの相性がいいので、継続してを受けることをおすすめします(任意)。
4. クラニオセイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)、オステオパシー、鍼治療(ただし金の鍼を用いての施術)は5次元のライトボディのテンプレートを発達させるヒーリングワークのスタイルとして容認されています。

 
PAGE TOP